「ほっ」と。キャンペーン

知って欲しい人物…♪

道後温泉のお話をもう少しさせてください!

3000年の歴史を持ち、日本最古の温泉の一つともいわれる道後温泉。
神話の時代の大国主命、斉明天皇や聖徳太子をはじめとした皇室の方々、
正岡子規や夏目漱石と言った文化人など、実に多くの来訪の記録が残ってます。
明治27年に改築された”道後温泉本館”は、平成6年に公衆浴場として初めて国の重要文化財に指定されました。



現在多くの観光客でにぎわう道後温泉、その湯の危機を救ってくれた人物のことを知って欲しいのです^^♪
d0175974_1959196.jpg







その方の名前は”塩田岩治”(1895-1983)
d0175974_19592280.jpg

元利根ボーリング株式会社の社長さん、ボーリングマシンのパイオニアです。
魯山人と親交を結び、その良きパトロンとして長年制作を支えた方で、
世田谷美術館の塩田コレクションをご存知の方は多いかもしれませんね。
(総数157点にも及ぶ魯山人の作品を寄贈した)







3000年前から変わらぬ湯の恵み、現在は18ヶ所から湯をくみ上げています。
d0175974_19593875.jpg

昭和21年の南海大地震で道後の湯が止まり、その後、湯は出たけれど湯不足の危機に陥ったそうです。
ボーリングをしてくれる人はいなかったそうです。






そこで名乗りを上げてくれたのが塩田岩治氏…♪
d0175974_19595486.jpg









「すでに増湯の望みなしと言われたことなど直接聞くに及んで、大いに動かされるところがあった」
d0175974_200837.jpg

道後温泉本館…”又新殿霊の湯(ゆうしんでんたまのゆ)”…皇族の入湯用に建てられたもの。







「この難工事を遂行するには自己の出費と責任で、自由な立場で行わなければならない」…手記より
d0175974_2002116.jpg









道後温泉本館を見渡せる場所に立つ銅像…♪
d0175974_2004591.jpg

道後温泉の掘削は困難を極めたそうですが、
新たなドリルの開発や掘削方法の閃きで成功し、道後の湯の量が3倍になったそうです。









親交のあった姪御さんの話しでは、(亡くなった時)家をたたんでも現金とかは一切ないんです。
研究の方に回したのでしょうね、残らなくなるほど全部仕事に…。
d0175974_2005942.jpg








「人間の生涯にはやって良かったということもあり、また手を着けるのではなかったと後悔する仕事もある」
d0175974_2011648.jpg

道後温泉本館…”南棟”







「由緒ある道後温泉に手を着け、十分にメスを揮う(ふるう)ことができたという仕合せを感じつつ
実によいことをしたと喜んでいる」…手記より
d0175974_2012838.jpg



塩田岩治氏の情熱なくしては、今の道後温泉の発展はなかったかもしれないですね。




ボチっとしていただけると嬉しいです。




(クリックで投票)



いつも有難うございます♪








d0175974_2154726.gif

[PR]
# by cacocaco60 | 2017-02-11 21:06 | お出掛け | Comments(12)

初めて訪れた”道後ぎやまんガラス美術館”…♪
そこに、2006年末に道後温泉本館で発見された色ガラスが展示されてました。
これらの色ガラスは、建築当初の道後温泉本館を彩っていたものだそうです。


d0175974_20404380.jpg







明治22年に道後湯之町の初代町長に就任したのが伊佐庭如矢(いさにわゆきや)。
彼は、老朽化した道後温泉の全建物を改築する計画を立てたそうです。
その総工費は13万5千円、当時の小学校教員の初任給が8円と言われてた時代です。
d0175974_20554246.jpg

莫大な費用をかけることに反対する住民を、
「100年後までも他所が真似できないものを作ってこそ、初めて物をいう」と説得したそうです。



現在の道後温泉本館は、「神の湯本館棟」「又新殿霊の湯棟」「玄関棟」「南棟」の4棟。




1894年(明治27年)に建てられた、神の湯本館棟がこちらです。
伝統的和風建築に道後の街の発展の夢を託して、
西洋文化の象徴として当時、人々の憧れだったガラスを採用したのです。
d0175974_20411486.jpg






先日、TVで道後温泉が放映されてました。
そこで、123年前に建てられた当時の姿がCGで蘇ってましたのでパチリ!




頂上に白鷺を頂いた振鷺閣、赤いぎやまんが道後の街に希望の光を灯したことでしょう。
d0175974_20413734.jpg







入り口は、それぞれ一間のガラス入り格子戸になっていたそうです。
神の湯の窓格子も市松模様のガラス入り障子になっていて、当時これらに赤と青の舶来のガラスが使用されていたそうです。
d0175974_2042198.jpg







当時の内部です…♪
d0175974_20424385.jpg








この湯釜は現在も使われてます。
d0175974_20425920.jpg








「その壮麗天下に冠たり」と、最大級の賛辞がよせられたのを見ると、
再建当時の建物がどれほど衆目を集めたものであったかをうかがい知ることが出来ますよね。
d0175974_20431890.jpg








ポスターなどでお馴染みのこちらの姿は、大正13年に建てられた玄関棟になります。
d0175974_20562486.jpg

道後温泉本館は2017年10月頃より、耐震・改修工事が始まります。
それまでに、もう1度は訪れることができれば良いなぁ~と思ってます。


ボチっとしていただけると嬉しいです。




(クリックで投票)




いつも有難うございます♪








d0175974_2222438.gif

[PR]
# by cacocaco60 | 2017-02-10 22:02 | お出掛け | Comments(16)

美しく煌めく”光”…♪



道後温泉ぶらり散策中…♪

道後温泉の象徴ともいえる道後温泉本館…♪
この伝統的和風建築に、道後の街の発展と夢を託し
西洋文化の象徴としてその当時人々の憧れだった”ぎやまん”を入り口や塔屋に採用。
それから100年余り、道後の街に美しく煌めく”光”を凝縮した「道後ぎやまんガラス美術館」が誕生したのです。




館内には、江戸時代のぎやまんから明治・大正時代の貴重なガラスのコレクション。
展示数は西日本最多の300点にも及ぶそうです。
d0175974_20373552.jpg






入館前にお聞きしたところ、館内の撮影はOkということでした^^
夢中でパチリしましたよ♪
お気に入りを紹介しますね。



緑色竹筋文四方蓋物(江戸時代/型吹き)
d0175974_20375128.jpg

美しい緑色ですよね。
竹の文様が蓋と下の器とつながり青々と浮かび上がってます。






黄色菊唐草文椀(江戸~安永/型吹き)
d0175974_2038851.jpg

1700年代に作られた江戸ガラスの中でも最も古いものに属する器だそうです。







氷コップ(大正時代)
d0175974_20382855.jpg

日本に初めて氷屋が登場したのは明治2年だそうです。
カラフルな氷カップ、とってもモダンな雰囲気です。







雛道具(大正時代)
d0175974_20384631.jpg

白酒を入れて飾るための徳利。
華やかな雛飾りにますます華を添えてくれそうです。






ガラス煎茶器(明治後期~大正時代/グラウュール)
d0175974_20392293.jpg

葡萄文が施されてます。
キラキラとしたクリスタルのような透明感の高いガラスはとても美しいです。
でも、私はこのようにうっすらと色味を感じるクリア過ぎないガラスに惹かれます^^♪






展示物の中にはちょっと変わったもので、煙草盆、虫かご、鳥かごなどもありました。



鳥かご(江戸時代後期~明治時代)
d0175974_20393756.jpg

裕福な数寄者が贅を凝らして作らせた鳥かご…♪
捻りガラス棒が柵の役目をしてます。
立派な鳥かごに入った鳥さん、どんな気持ちだったでしょうね…笑






大正時代の電燈笠
d0175974_20395116.jpg

様々な色やデザインの電燈笠、素敵でしょ♪







美術館の一番奥には茶室も設えられてました。
d0175974_2040860.jpg

光の角度によって、さまざまな色彩や輝きを見せてくれるガラス…♪
”儚さ”も一つの魅力になってますよね。
とても充実した時を過ごせました^^



ボチっとしていただけると嬉しいです。



(クリックで投票)




いつも有難うございます♪










d0175974_21214381.gif

[PR]
# by cacocaco60 | 2017-02-09 21:21 | お出掛け | Comments(14)
道後の街を散策中です。
坊ちゃんカラクリ時計からアーケード商店街を抜けると道後温泉本館前に出ます。
温泉に入る前に、今回行きたいところがあるのです。



d0175974_19185519.jpg







道後温泉本館北側を通り抜けようとして、目に留まったのが”玉の石”…♪
”大国主命と少彦名命が伊予の国に来た際、重病にかかった少彦名命を掌にのせて道後温泉の湯であたためたところ、
たちまち元気になって石の上で踊ったと、伊予国風土記に記されてるそうです”
d0175974_1919156.jpg

ここはパワースポットのようですよ^^♪
私も長い柄杓で御湯を玉の石にかけてお参りをしましたよ。







道後温泉本館北側のホテル街…♪
素敵なたたずまいの老舗旅館やホテルが続きます。
この辺りは電柱がなくとても開放感のある通行空間になってます。
d0175974_19193265.jpg

実は、何度も道後温泉へ来てるにも拘らず、この道を散策するのは初めて!






生垣の間から見えたのは…足湯です。
「伊予の弓桁風足湯、ご自由にご利用ください」の札が…♪
この場所、かなり気に入りましたが、残念ながら時間がなくてパス!
d0175974_19195469.jpg

道後の9つの旅館で足湯が利用できる”道後温泉足湯めぐり”があるようです。








道後温泉本館より徒歩3,4分にある目的地…♪
木々や庭園に囲まれた、美しい隠れ家スポットです。
d0175974_19201324.jpg








白鷺のオブジェやピンク色のエリカが見頃の庭園…♪
d0175974_19202742.jpg








ここは、”道後ぎやまんガラス美術館”なんです。
ずっと来たかった場所にやっと来ることができました。
d0175974_19204176.jpg








希少な江戸時代のぎやまんやびいどろ、明治大正時代にかけて作られた貴重なガラス工芸など約300点展示されてるそうです。
d0175974_19205654.jpg









古いガラスが好きな者にとっては堪りません^^♪
d0175974_19275158.jpg

繊細で優美なガラス工芸品、詳しくはまた明日にでも…^^♪



ボチっとしていただけると嬉しいです。




(クリックで投票)




いつも有難うございます♪














d0175974_2071655.gif

[PR]
# by cacocaco60 | 2017-02-08 20:07 | 生き物 | Comments(14)

道後温泉散策…♪

歴史ある”椿神社”のお参りをした後、そこから比較的近い道後温泉へ向かいます。
日本最古の温泉で聖徳太子も入浴されたとされる道後温泉…。
そのシンボルである”道後温泉本館”の周辺の散策をしたいのですが、
その前にランチをしたいと思います…^^♪





今回はイタリアン気分…♪
四国の海と山の食材をふんだんに使った道後イタリアンのお店に入ることにします。
d0175974_20461532.jpg




店を入るとすぐに存在感のある石窯が見えました。
(了解を貰ってパチリ!)
d0175974_20473272.jpg






オーダーしたピザは、”クワトロフォルマッジ…♪
モッツァレラ、リコッタ、ゴルゴンゾーラ、パルメジャーノの4種類のチーズを使ったピザ、これは美味♪
d0175974_20474729.jpg




佐田岬のシラスたっぷりバジリコスパゲッティ…これもナイス選択でした^^
d0175974_20480445.jpg



ランチの後は、商店街方面をぶらりします。
道後温泉駅の正面にあるのが”坊ちゃんカラクリ時計”
軽快なメロディにのって時計台がせり上がり、”坊ちゃん”の登場人物が現れます。
1時間ごとなので、ちょっと遅かった・・・残念!
その横には足湯がありますよ♪
d0175974_20482282.jpg





商店街に入ると、老舗のちょっと不思議なお店、幻のおせんべい屋さんと呼ばれてます。
店の中にはお客さんどころか店番の方もいないんですよ…笑
手作りにこだわり、予約制なので店頭ではほとんど買うことが出来ないんですよ^^
d0175974_20483892.jpg





このお店にもよく立ち寄ります♪
竹を使った商品が充実してますよ。
d0175974_20485771.jpg



あら…お隣の国の方かと思えば、日本の方たちでした。
パチリしてるのが…お隣の方^^
私も便乗してパチリ♪
d0175974_20491544.jpg





どうしても気になり、毎回目の保養をさせてもらう”伊予一刀彫”のお店です。
この時期は、おひなさまが多く飾られてます…♪
人形は小さく素朴ですがとっても可愛く、細部まで彫り込まれたその姿は美しくて繊細なんですよ。
d0175974_20492835.jpg




商店街をぬけると、道後温泉本館が見えます。
もちろん温泉には入る予定ですが、もう少し散策を続けますね。

d0175974_20493910.jpg





ボチっとしていただけると嬉しいです。


(クリックで投票)




いつも有難うございます♪








d0175974_22144692.gif

[PR]
# by cacocaco60 | 2017-02-07 21:51 | お出掛け | Comments(16)

何気ない日々の暮らしの中で素敵と感じたことを気ままに・・・・!!


by cacocaco60