松山城…♪






松山城へお花見に行ったのはちょうど1週間前なります。
久し振りのお城と満開の桜を堪能しました。
一昨日からの雨で、もう桜は散ってしまったでしょうね。
今日は途中になっていたお城の続きをupしたいと思います。





大天守と小天守…♪


d0175974_19461484.jpg







天守の鬼瓦には葵の御紋…♪
現存12天守の中で唯一の葵紋だそうです。


d0175974_19464414.jpg










松山城には21棟もの重要文化財があります。
そのうちの一つ…「一の門」
後ろに見えてるのは、小天守だと思います。


d0175974_19471966.jpg









塀に開けられたたくさんの狭間…♪
長方形のものが弓矢の攻撃用の”矢狭間”、正方形のものは”鉄砲狭間”だそうです。

d0175974_19475660.jpg







一の門,二の門、三の門を抜け、こちらが大天守の入口です。
大天守は三重三階地下一階の層塔型天守!

d0175974_19482013.jpg






こちらにも狭間が見えます。


d0175974_19485889.jpg








乾櫓方面…♪
遠くには瀬戸内海が望めます。


d0175974_19494725.jpg





甲冑試着体験コーナーがありました^^
装着手順が書いてあり、それを見ながら自分で甲冑を身に着けるようです。
外国の方が興味深そうに眺めてましたよ♪



d0175974_19521871.jpg








松山城大天守の不思議を紹介しますね。
「天守とは戦闘のときこそ、その存在価値がある。防衛の要として一大事の時にだけ籠城。
日頃は城主や側近らが足を踏み入れることはない。床は板張りで天井板もないのが通例だ。
ところが松山城は一重、二重、三重とも天井版があり、畳の敷ける構造になっている。
さらには床の間も設え、襖を入れるための敷居まである。これは何を意味するのか…」            パンフより


d0175974_19524423.jpg


お殿様がいずれこの天守で生活をしようと思ってたのでしょうか^^








天守の最上階から大手方面…♪
桜が咲き誇る天空の城のような錯覚を覚えます。

d0175974_19531499.jpg




姫路城と並ぶ典型的な連立式天守をもち、慶長期の様式を引き継ぐ、わが国最後の完全な城郭建築である松山城…♪
久し振りに訪れて素晴らしさを再認識し、愛媛県にこのような立派なお城があることを嬉しく思いました^^♪
ボチっとしていただけると嬉しいです。






いつも有難うございます♪










d0175974_20374872.gif

[PR]
by cacocaco60 | 2017-04-18 20:38 | お出掛け

何気ない日々の暮らしの中で素敵と感じたことを気ままに・・・・!!


by cacocaco60
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30