「水軍」と「海賊」…♪

夕方5時半ごろ、2階の部屋から外を見ると屋根瓦が赤く染まってます。
窓から西方面を覗くと真っ赤な夕日が山の向こうに沈む直前です…♪
慌てて相棒(コンデジ)くんでパチリ^^



d0175974_19562991.jpg






今回で”しまなみ海道の旅”は最後となります。


この”しまなみ海道の旅”はまず因島まで一気に行き、生口島、大三島と引き返してくるコースになってます。
大三島の大山祇神社では多くの国宝等を拝見したほか、この神社が日本総鎮守を時の朝廷より賜り
多くの政治家、武人の崇敬を受けた日本を代表する神社であることを再認識しました^^


大三島を後にし伯方島へ…!
「伯方の塩」の伯方島です^^
この建物はかつて存在したとされる中世前期の典型的な山城を再現され、
伯方町郷土資料館として利用されてます。





d0175974_19564556.jpg





城門の横には大きなスクリューとイカリが展示され伯方島の産業のシンボルとなってます。
左奥前方には、塩田の跡地も見えてますね。





d0175974_1957514.jpg






3階展望回廊から造船所も見ることができ、製塩業や造船業で栄えた島の歴史をうかがわせてます。





d0175974_19573471.jpg






伯方島から大島へと渡ります。
大島では”村上水軍博物館”へ立ち寄りました。





d0175974_19574924.jpg





昨日、質問がありました「水軍」と「海賊」について、
村上水軍博物館の学芸員の方がお話になってることをお伝えします。

昨今、「村上水軍」ではなく「村上海賊」と呼ぶことが多くなり、少なからず混乱が生じてます。
どちらが正しいのでしょうか…!

「水軍」は、江戸時代以降に使われた用語で、明治から昭和初期には彼らを近代海軍の前身として
評価する見方が強かったため「村上水軍」「伊予水軍」という呼び名が定着したと考えられるそうです。




d0175974_1958546.jpg






近年の研究では、村上氏は海の武士団のほかに水先案内人や商人、
漁民や文化人といった様々な顔を持ってることが明らかになりました。
このような多彩な性格に対して「水軍」の一言では表現できないのではないか、
それならば当時の古文書などに見える「海賊」を用いるべきではないか、
という見解が主流になってきたことで「村上海賊」が頻繁に使用されるようになったようです。




村上海賊の機動力として活躍した小型の船、小早船…!
d0175974_1958204.jpg





日本遺産のストーリーには、忍者”NINJA”や侍SAMURAI”と同じように、
日本の独自の歴史文化として海賊”KAIZOKU”を世界に発信していきたいという願いが込められてるようですよ^^

お付き合い有難うございました^^
ボチっとしていただけると嬉しいです。




(クリックで投票)




いつも有難うございます♪






d0175974_2112154.gif

[PR]
Commented by makotan at 2016-10-29 22:13 x
こんばんは~♪

今日、こんなに綺麗な夕日が出てたのですね。
気付きませんでした。

村上海賊のことですが、今日の愛媛新聞にも
偶然その事が記事に載っていました。
「海賊」と言うと世界的には悪いイメージを持ちますが、
日本が昔から「海賊」と呼んでいた人たちは
海のスペシャリスト、武士団としてだけでなく
海の安全や交易、流通を担う重要な役目をはたしていたのです。
だからこそ戦国時代から瀬戸内海の制海権を握り活躍していた村上海賊が
「日本遺産」に認定されたのではないかと思います。
Commented by 1944-suzu at 2016-10-30 07:19
夕日の落ちる時間が日に日に早くなりますね。

伯方島には行きました。
さて~何が有ったかはさっぱり忘れていますが
伯方の塩はここなんだと知りました。
Commented by せいパパ at 2016-10-30 07:20 x
美しい景色ですね
太平洋しか無い茨城の海では
絶対に見れない景色です。
この海に行ったら
ずっと散策して写真ばかり撮ってるだろうな。
応援!
Commented by へるぞう at 2016-10-30 09:53 x
おはようございます。
海賊というとpirateの意味で使われることが多いと思ったのですが、広辞苑には水軍をも指すと記載されています。言うなれば海の武士団なのでしょうが、組織化されたのはやはり戦国時代以降ということになりそうです。
Commented by hirugao at 2016-10-30 10:16 x
楽しい島旅ですね~
瀬戸内海にはたくさんの島があるので先日も
島巡りのツアーを見ていたばかりです。
今朝「遠くへ行きたい」で別子銅山をしていました。


Commented by よっちん at 2016-10-30 13:28 x
伯方島に行った時に
地元の人の指導で
「塩キャラメル」を作りました。

これがなかなか美味しくってねぇ。
また行きたいなぁ。

応援ぽち
Commented by sasayuri at 2016-10-30 21:03 x
こんばんは♪

瀬戸内海の島々は、四国ばかりでは無く尾道も入っていますね。
尾道の文芸の道の志賀直哉、林芙美子作家の碑がある処からしまなみ海道を
眺めていた時にこの風景は素晴らしいと記憶の中にあります。
一緒に行った友達と歓声をあげていました又、思い出しています。

村上水軍と海賊の解説をまたゆっくり読んでみますね。
伯方道の駅で夫と孫たちは塩アイスを食べていました。私も食べてみたかったと
今、後悔をしています。解説ご苦労様でした。
Commented by cacocaco60 at 2016-10-30 21:25
☆makotanさん こんばんは(^^♪

この夕日も一瞬で沈んでしまいましたよ^^
”村上海賊”の情報、有難うございます。
海賊というイメージは良くありませんが、
村上海賊の歴史を正しく紐解けば、
”海賊”と呼ばれた人々が必ずしも
マイナスイメージではないということなのでしょうね^^♪
高級なお茶や香を嗜んだり、歌を詠み連ねたそうですから。
Commented by cacocaco60 at 2016-10-30 21:33
☆suzuさん こんばんは(^^♪

そうですね、日が短くなりました…。
”伯方島”を覚えてるだけでもOkですよ(笑)
”伯方の塩”は、今この島では作られてないようです。
しまなみ海道にはいろいろな島があり、
地元の私でさえ、こんがらがってますよ^^
村上海賊のことも他の島の歴史ももう少し知りたいです^^♪
Commented by cacocaco60 at 2016-10-30 21:38
☆せいパパさん こんばんは(^^♪

雄大で男性的な太平洋も素敵だと思います。
また穏やかで島が多い瀬戸内海も魅力的です。
見ていて飽きることがなく、
私もついパチリ!パチリ!ですよ…(笑)
それぞれタイプの違う海を
お互いに紹介できるブログって良いですね^^♪
Commented by cacocaco60 at 2016-10-30 21:50
☆へるぞうさん こんばんは(^^♪

「海賊」という用語の持つ悪い語感を嫌って
「水軍」が浸透したという説もあるようです。
いずれにしろ、日本遺産に認定された”村上海賊”は、
由緒ある神社に歌を詠み連ね奉納したという文化人の顔も持ってるそうです。
歴史を正しく紐解けば、マイナスイメージで語られなかった時代が
あったことは明らかのようですね^^♪
Commented by cacocaco60 at 2016-10-30 21:55
☆hirugaoさん こんばんは(^^♪

瀬戸内海の島めぐり…♪
島に興味があるhirugaoさんには
魅力的なところだと思いますよ。
瀬戸内国際芸術祭には行かれましたか。
私は第1回の時行きましたが、楽しかったですよ。
お薦めです…^^♪
うわぁ~見れば良かった!
Commented by cacocaco60 at 2016-10-30 21:58
☆よっちんさん こんばんは(^^♪

伯方島で、塩キャラメルですか^^
キャラメル作りなんて、楽しそうですねー。
よっちんさんのしまなみ海道巡り、
そのパチリをいつか拝見したいです♪
Commented by cacocaco60 at 2016-10-30 22:09
☆sasayuriさん こんばんは(^^♪

しまなみ海道は、中国側尾道市から
四国側今治市を結ぶ架橋ルートです…♪
坂、路地、石畳の町、尾道、私も大好きですよ。
千光寺から見た尾道水道の素敵な景色に感動し
何度も訪れてます…^^
お互い、歓声を上げる想い出はいいですよね♪
歴史に疎いのですが、地元のことなので
少しだけお勉強してました^^♪
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by cacocaco60 | 2016-10-29 21:12 | お出掛け | Comments(14)

何気ない日々の暮らしの中で素敵と感じたことを気ままに・・・・!!


by cacocaco60
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30