村上海賊…♪

昨日の続きになります。
因島のほぼ中央に位置する因島水軍城…!



d0175974_2054438.jpg






室町時代から戦国時代にかけ芸予諸島一帯を支配した因島・能島・来島の三島村上水軍。
全ての経済力を合せると50万石の大名に匹敵するものだったそうですよ。
まさに歴史をも動かす力を持っていたのですね。
その水軍の城を再現したのがこの因島水軍城なのです。





d0175974_2055916.jpg





因島村上氏が残した武具や遺品・古文書など歴史資料を展示している資料館になってます^^
(資料館はパチリ禁止です)



d0175974_2062171.jpg





平成28年4月に”村上海賊”が日本遺産に認定されました。

認定ストーリー(パンフより)
戦国時代、宣教師ルイス・フロイスをして”日本最大の海賊”と言わしめた「村上海賊」。
理不尽に船を奪い、金品を略奪する海賊(パイレーツ)とは対照的に、村上海賊は掟に従って
航海の安全を保障し、瀬戸内海の交易・流通の秩序を支える海上活動を生業とした。
その本拠地”芸予諸島”には、活動拠点として築いた”海城”群など、海賊たちの記憶が色濃く残っている。





d0175974_2063550.jpg





尾道市天然記念物になってる立派なモッコクのある金蓮寺は、村上水軍の菩提寺です。




d0175974_20363870.jpg





裏手には村上水軍歴代のお墓が数十基も並んでます。
手をあわせてからパチリさせてもらいました。




d0175974_2065050.jpg





金蓮寺と水軍城…♪
(注:この場所に城があった訳ではないそうです)




d0175974_207614.jpg





因島から引き返し、生口島を通り抜け大三島へ向かいます。
生口島と大三島に架かる”多々羅大橋”…^^♪
優雅で美しいこの橋、素敵だとは思いませんか。

この多々羅大橋は世界一の斜張橋なんですよ。
ちなみに世界2位のフランスのノルマンディ橋と姉妹橋の調印をしてます^^





d0175974_2072312.jpg





もうしばらく”しまなみ海道”の旅が続きます。
ボチっとしていただけると嬉しいです。




(クリックで投票)




いつも有難うございます♪






d0175974_2104984.gif

[PR]
Commented by せいパパ at 2016-10-28 05:24 x
四国の武将と言えば
長宗我部家しか思いつかない
無知な私です・・・
長宗我部家は太平洋側で勢力をあげたので
瀬戸内は反対側だから
地理的に別だったのかな?
応援!
Commented by 1944-suzu at 2016-10-28 07:00
立派なお城ですね。”村上海賊”の事
聞いたことはありますが詳しい事は知りませんでした。
最初は金品を略奪する海賊かと思いましたが守る方だったのですね。
日本遺産に認定されて知る人も多くなりますね。
橋は其々に素晴らしい景観です。
Commented by へるぞう at 2016-10-28 07:04 x
おはようございます。
仰るように、海賊という感じではなく、むしろ瀬戸内の戦国大名と考えるべきでしょうね。
大阪の石山本願寺も、浄土真宗の総本山でありながら、信長と対峙出来るだけの軍事力を持っていました。こういった勢力は、信長や秀吉からすれば厄介な敵だったでしょうね。
Commented by ムツゴロウ at 2016-10-28 09:32 x
おはようございます!!
皆さんのコメントを拝読して、皆さんきちんとお勉強して来たんだな~と感心します。
私なんてへぇ~へぇ~!と驚く事ばかりで ほほう~と頷く事も出来ない・・涙
でも、色んな歴史が深く刻まれた地である事はキチンとお勉強になりました♪
お天気の良い晴れ渡った日の 海に掛かる橋は絵になり過ぎて 見とれちゃいました。
Commented by hirugao at 2016-10-28 11:30 x
楽しいツアーですね~
村上水軍の話は聞いています。
あの時代海は大事なところだったのですものね。

橋もきれいに撮れていますね。
最近島にはまっていますので羨ましいです~

Commented by at 2016-10-28 16:46 x
こんにちは

パンフレットには村上海賊と書いてあるのですか?
村上水軍しか聞いたことがありませんでした。海賊はかわいそうな気がします。
海賊というと倭寇が思い浮かびますが、中には村上水軍の船乗りも混じっていたかもしれませんね?
Commented by sasayuri at 2016-10-28 20:58 x
こんばんは♪

因島は歴史が詰っている場所なんですね。村上水軍城の記念館
お城みたいですね。高い位置に建っているからしまなみ海道からも
見えるのでしょうか?
今治城は、ばっちり見学をして海に沿った水堀に魚がいるいないとか
言いながら孫たちと楽しん来ました、しまなみ海道では伯方道の駅には
立寄りしましたが他は勉強不足で、何も知らずに帰りました(苦笑)

橋は、東海環状自動車道にある吊り橋と似ていると思いました。
Commented by よっちん at 2016-10-28 21:23 x
去年の年末に
しまなみ海道を旅しました。

年末とは思えない穏やかな日で
瀬戸内の海はどこまでも優しい風景でした。

応援ぽち
Commented by cacocaco60 at 2016-10-29 06:22
☆せいパパさん おはようございます(^^♪

瀬戸内海の芸予諸島に本拠地をおいた
同じ村上姓を名乗る三家からなる”村上海賊”
全盛期は戦国時代で、
中国地方の毛利氏や伊予の河野氏などの
海の勢力としてその力を発揮したようですよ^^
Commented by cacocaco60 at 2016-10-29 06:36
☆suzuさん おはようございます(^^♪

”村上海賊”が日本遺産に認定されたり、
和田竜さんの”村上海賊の娘”が話題になったりと、
最近注目されてきた芸予諸島です^^
恥ずかしいことに私もあまりよく知らなかったのですよ。
良い機会なので少しだけお勉強しました(笑)
猛々しいイメージの海賊ですが、教養が高く
文化人の顔も持っていたようです^^
多くの方に関心を持って頂きたいです♪
美しい橋と融合した瀬戸内の景色が大好きです。
Commented by cacocaco60 at 2016-10-29 06:52
☆へるぞうさん おはようございます(^^♪

村上三家は陸の勢力と結束を固め、
芸予諸島を本拠に瀬戸内海の主要な航路や港を
掌握する一大勢力として成長したそうですよ。
海賊の力を知った信長や秀吉は海賊を味方につけ、
瀬戸内海の制海権を握るべく懐柔作戦を展開したとか…。
天下人や陸の大名の動向も左右したのですね^^
Commented by cacocaco60 at 2016-10-29 06:58
☆ムツゴロウさん おはようございます(^^♪

歴史のお詳しい皆さんは、村上海賊のことは
よくご存じなのでしょうね^^
お恥ずかしいことに歴史に疎い私は俄か勉強です(笑)
地元のことなので少々関心もありましたが…^^
”村上海賊”が日本遺産に認定っされたということで
その時代どういう存在であっあのか知りたくなったのです。
美しい景色に美しい橋…素敵でしょ^^♪
Commented by cacocaco60 at 2016-10-29 07:03
☆hirugaoさん おはようございます(^^♪

楽しいというかお勉強のツアーでした(笑)
基礎的な知識がないものですから、
ガイドさんのお話にもなかなかついていけず
へぇ~!の連続…^^
私の中で少しずつ紐解かれる歴史には興味津々!
まだ読んでない”村上海賊の娘”を予約してます。
そうでしたね、いろいろな島を訪れてますよね。
芸予諸島もぜひ訪ねてほしいです^^♪
Commented by cacocaco60 at 2016-10-29 07:14
☆雁さん おはようございます(^^♪

村上水軍博物館の学芸員の方のお話です。
昨今では”村上海賊”と呼ぶことの方が多くなってるそうです。
「水軍」は江戸時代以降に使われた用語のようです。
近年の研究で村上氏は海の武士団のほかに
水先案内人や商人、漁民、文化人といった
様々な顔を持ってることが明らかになったそうです。
このような多彩な性格に対して「水軍」の一言では表現できないので、
当時の古文書などに見える「海賊」を用いてるようです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by cacocaco60 | 2016-10-27 21:01 | お出掛け | Comments(14)

何気ない日々の暮らしの中で素敵と感じたことを気ままに・・・・!!


by cacocaco60